資格取得に浪費した失敗談

何か新しい自分を探そうと、インターネットで資格取得を探すと、主婦にとって役立つものが人気順に出てきます。生活に役立つものもあれば、手に職をつけることによって転職先を探すこともできます。ついつい、成功例を基準に、通信教育を始めることが多くなりました。
 資格は、テキスト通りにきちんと勉強し、添削やある基準を満たすテストに合格すれば、自然と手に入ってきます。野菜、紅茶などのコーディネーターなら、家事ですぐに実践できるので楽しみも倍増しますが、医療機関に関わる調剤事務や歯科助手などは、実際に現場で働かなければ、家庭ではあまり役立ちません。
 そこで、子どもが幼稚園に行っている時間帯で働ける場所を探すと、「土曜勤務できる方」や「午後を中心に勤務できる方」など条件に合う医療機関が見つかりません。変わりたい自分と変われない自分との間で、時間がどんどん過ぎていき、取得した資格も、ただの紙切れ同様、内容もだんだん忘れていきます。こうやって、取得する資格は、通信であっても数十万かかるものがたくさんあり、結果的には、浪費したことになってしまいます。
 家庭でも続けられる趣味の資格は、子どもの学校の宿題に役立つこともあるので、人気順にまどわされず、自分にとって役に立つ資格を選んで勉強した方が賢明であることがよく分かりました。
シロアリ駆除 料金